忍者ブログ

歴史雑感

「世界史をもう一度」の管理人big5が、歴史に関連する日々の雑感を書いています。

人権を守ると主張するトランプ大統領 ホントに?

日本経済新聞でこんなニュースが

”米、対キューバ政策「全面的に再検討」 大統領報道官 
2017/2/4 9:10
【ワシントン=芦塚智子】スパイサー米大統領報道官は3日の記者会見で、米政府の対キューバ政策について「全面的な再検討」を実施していると述べた。「大統領は世界中の全ての市民の人権を守ることに全力で取り組む」として、人権政策を中心に見直していると説明した。ただ詳細は明らかにしなかった。
 トランプ大統領は就任前、キューバがオバマ前政権と合意した国交回復に関し、キューバがより良い条件での再交渉に応じなければ破棄も辞さない考えを示している。”
日本経済新聞 NIKKEINETより
「大統領は世界中の全ての市民の人権を守ることに全力で取り組む」
なんて報道官が言ってますが、アメリカ国内でさえ女性やマイノリティー、そして移民の人権を冒涜する発言を繰り返しているトランプ大統領が、キューバの人権問題のために何かをする、なんてのはありえないでしょう。

以前も似たような報道がありましたが、狙いはキューバとの国交回復にあたって、有利な条件を引き出すこと、としか思えないですね。

 

PR

コメント

プロフィール

HN:
big5
性別:
非公開

P R